図1 テレビ信号のフレーム間符号化伝送装置(NETEC-6/16)

テレビ信号のフレーム間符号化伝送装置(NETEC-6/16)

Copyright © NEC(確認中) 2006, All Rights Reserved.

世界最初のフレーム間符号化伝送装置で、NTSCカラーテレビ信号1チャネルを6ないし16 Mb/secで伝送することを可能にした。写真の左から、送信側フレームメモリ、送信装置、受信装置、受信側フレームメモリ、である。1画面(フレーム)を記憶するのに約2Mビット必要なので、各フレームメモリには、当時入手可能な半導体メモリとして容量が1kbの DRAMを約2,000個用いてこれを実現した。送信及び受信装置はいずれも信号処理等にさらに約2,000個ずつの論理ICを使用したので、送受信装置(CODEC)全体としては、約8,000個ものICを使用した。

Copyright© 2010 ITE, IPSJ, IEIJ, IEEJ, IEICE, NII. JSPS. All Rghts Reserved.