図6 ホールド時間短縮による動きぼやけの改善効果(評価の原画像:写真1(a))

ホールド時間短縮による動きぼやけの改善効果(評価の原画像:写真1(a))

Copyright © 映像情報メディア学会 2011, All Rights Reserved.

拡大して表示しているので、粗く見える場合があります

ホールド時間短縮による動きぼやけの改善効果を5段階画質劣化尺度で主観評価した例。図の「100%」がホールド型表示であり、時間開口率すなわちホールド時間を小さくするとそれに応じて画質が改善される。「50%」は120Hz表示、「25%」は240Hz表示に対応する。

Copyright© 2010 ITE, IPSJ, IEIJ, IEEJ, IEICE, NII. JSPS. All Rghts Reserved.