図1 従来の開放データ線配置セル(愛称「1交点セル」)の構成

従来の開放データ線配置セル(愛称「1交点セル」)の構成

Copyright © 電子情報通信学会 2005, All Rights Reserved.

データ対線を増幅器(センスアンプSA)に対し開放型に配置して、両者に結合した雑音を増幅器で相殺する。しかし、データ対線は互いに離れているので対線の電気特性が等しくはなく、また異なる導体は対線に対して異なる雑音源となるので、導体からそれぞれに結合する雑音も異なる。このため雑音は完全には相殺除去できない。なお、セルは1個のMOSトランジスタと1個のキャパシタから構成される。

Copyright© 2010 ITE, IPSJ, IEIJ, IEEJ, IEICE, NII. JSPS. All Rghts Reserved.