図3 省エネ効果推定法

省エネ効果推定法

Copyright © 電気学会 2009, All Rights Reserved.

図3は省エネ効果推定法を示す概略図である。FEMS導入前の実績運転に基づいてオペレータの運転を模擬するオペレータモデルを構築する。オペレータモデルにFEMS導入前環境条件(デマンド、単価等)を適用してオペレータモデル原単価を算出する。このオペレータモデル原単価がFEMS導入前実績原単価と一致するようにオペレータモデルを調整する。調整方法としては、FEMS導入前の実績運転に基づくオペレータモデルの運転制約の調整や、原単価の補正率の調整などがあげられる。調整したオペレータモデルにFEMS導入後環境条件(デマンド、単価等)を適用して、FEMS導入後におけるオペレータモデル原単価を算出する。FEMS導入後実績原単価からこのオペレータモデル原単価を引いたものを省エネ効果とする。

Copyright© 2010 ITE, IPSJ, IEIJ, IEEJ, IEICE, NII. JSPS. All Rghts Reserved.