1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号852)

FACOM 6450 大容量記憶システム(富士通)

FACOM 6450大容量記憶システム

写真1 FACOM 6450大容量記憶システム

FACOM 6450の内部

写真2 FACOM 6450の内部

FACOM 6450用カートリッジ

写真3 FACOM 6450用カートリッジ

FACOM 6460カートリッジライブラリシステム

写真4 FACOM 6460カートリッジライブラリシステム

FACOM 6460の内部

写真5 FACOM 6460の内部

FACOM 6460用カートリッジ

図1 FACOM 6460用カートリッジ

FACOM 6450,6460の諸元

表1 FACOM 6450,6460の諸元

FACOM 6450は,50MBのカートリッジテープを第2次記憶階層として採用した,富士通の大容量記憶システム(MSS:Mass Storage System)であり,1980年に完成した.情報化社会の高度化に伴い,大量のデータを直接アクセスでき,しかも一元的に管理できる記憶システムが強く望まれていた.本装置は,この要求に応える目的で,磁気テープの自動倉庫と仮想ディスクの概念を導入して開発され,データ処理の効率化と省力化を実現した.


本装置の概要は以下の通り.

(1) 1巻当り50MBの容量を持つデータカートリッジ(注)を706~9,440個格納でき,35~472ギガバイトのデータを保管できる.これは,FACOM 478用ディスクパック(100MB)の350~4,720本に相当.
(2) このカートリッジは必要に応じてロボットにより保管庫から記録再生機構部に運搬されてデータ処理が行なわれる.
(3) カートリッジ2巻を100MBの1ボリュームと扱い仮想的にFACOM 478用ディスクパックと等価に制御される.
(4) CPUから要求されたデータが実際の磁気ディスク上にあるときはそのままCPUへ,磁気ディスク上にないときは必要なデータをカートリッジから読み出し,一度磁気ディスク上に移し変えた後でCPUへ転送する.
(5) この制御はホストのオペレーティングシステムとMSSハードウェアにより行なわれ,人手の介入を必要としない.
(6) MSSは,最大4台のCPUから同時に使用できるため,大量のデータ処理には最適である.また,構成装置の二重化により信頼性の向上にも配慮されているため人手介入のない一貫したオンラインデータベースの構築に有用である.

(注)幅約7cm,長さ20mの磁気テープを直径約5cm,長さ約9cmの円筒状のケースに格納したもの.


1984年には,本装置の後継機としてFACOM 6460カートリッジライブラリ装置が完成した.FACOM 6460では,新開発の150メガバイトの記憶容量を持つ専用のデータカットリッジを採用し,経済性,導入と運用の容易性および高信頼性を狙って開発された.FACOM 6460ではバックアップ機能に特化し,仮想磁気ディスク機構は提供されなかった.FACOM 6450および6460では,専用のデータカートリッジを使用したが,後にテープ装置で使用するカートリッジテープ媒体を採用したライブラリ装置へと発展した.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(その他(情報処理))

関連する出来事

1980年
富士通:50MBのカートリッジテープを第二次記憶階層として採用した大容量仮想ディスクシステム FACOM 6450を完成

世の中の出来事

1980
自動車生産台数が世界第1位となる。
1980
漫才ブームが起こる。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

富士通、大容量記憶システム、自動倉庫、仮想ディスク、その他(情報処理一般)
Page Top