1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号851)

H-8487-A10 オープンリール磁気テープ装置(日立)

H-8487-A10 オープンリール磁気テープ装置

写真1 H-8487-A10 オープンリール磁気テープ装置

H-8487-A10/H-8486-A10/H-8467-A10磁気テープ装置の主な諸元

表1 H-8487-A10/H-8486-A10/H-8467-A10磁気テープ装置の主な諸元

H-8487-A10は,走行系の小型化を図るとともに,磁気テープ装置(ドライブ)への汎用プロセッサの採用や専用LSIの開発により,従来の装置と同等な性能を確保しながら,大幅な小形軽量化(従来比1/3),省エネ化(従来比1/2),制御装置のスペースレス化を実現した中速機のオープンリール磁気テープ装置で,1980年10月に出荷された.

特筆されるものを以下に示す.

1) 小形・軽量化
    従来機に比べ,床面積で25%減,高さで20%減,重量で65%減と各々小形・軽量化が図られた.
2) 省エネルギー化
    装置内で消費される電力について細かに検討し,方式や部品を選定して,従来機に比べ消費電力が40%~50%減と大幅な低減を図った.
3) 高信頼性の確保
    専用LSIの開発等,より高信頼性を追求し,診断機能の充実等,保守性の向上も併せて図った.


H-8487-A10の他,H-8486-A10やH-8467-A10がファミリー装置として開発された.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(その他(情報処理))

関連する出来事

1980年
日立:小形軽量化(従来比1/3),制御装置のスペースレス化,省エネ化(従来比1/2)を図ったH-8487-A10磁気テープ装置完成

世の中の出来事

1980
自動車生産台数が世界第1位となる。
1980
漫才ブームが起こる。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

日立、汎用プロセッサ、専用LSI、オープンリール磁気テープ装置、その他(情報処理一般)
Page Top