1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号849)

OASYS 30AD(アド) (富士通)に関する技術

OASYS 30AD

写真1 OASYS 30AD

OASYS 30ADおよびOASYS 30AD-EXの主要諸元

表1 OASYS 30ADおよびOASYS 30AD-EXの主要諸元

富士通初のノート型パーソナル日本語ワードプロッセッサで,1989年10月に発表された.本機は以下の特徴を有した.

(1)A4ファイルサイズで2kgの軽量コンパクトボディ
(2)40字×21行表示の大型液晶画面
(3)モデムカードを内蔵可能で,外出先での通信端末として利用可能
(4)3.5インチフロッピィディスクドライブ搭載でOASYSシリーズとの互換性を実現
(5)別売の専用48×48ドット熱転写プリンタによる高品位印字を実現

1990年10月には,バックライト付透過型液晶(バックライトのワンタッチオン・オフが可能)を採用した改良機OASYS 30AD-EXが追加された.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1989年
富士通:同社初のノート型パーソナルワープロ OASYS 30AD(アド) 発表

世の中の出来事

1989
昭和天皇が崩御する。
1989
消費税がスタートする。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

富士通、軽量コンパクトボディ、ワードプロセッサ
Page Top