1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号847)

BW-LF500(日立)に関する技術

ワードパル BW-LF500

写真1 ワードパル BW-LF500

1989年にビジネス機並みの機能で持ち運び可能なデスクトップワープロBW-LF500を発表した.


特徴

(1)660×400ドットでバックライト付LCD,3.5インチFDD 2基を装備.
(2)白黒バックライト付大型液晶で画面を見やすくした.
(3)MS-DOSファイル変換でパソコンのデータも相互編集が可能.
(4)レーザプリンタネットワークでプリンタ1台に最大8台のワープロが共用できる.
(5)アウトラインフォントを開発し,滑らかな印字を可能にした(レーザプリンタ使用時).

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1989年
日立:ビジネス機並みの機能で持ち運び可能なデスクトップワープロBW-LF500を発表

世の中の出来事

1989
昭和天皇が崩御する。
1989
消費税がスタートする。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

日立、レーザプリンタネットワーク、MS-DOSファイル変換、660×400ドット、ワードプロセッサ
Page Top