1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号845)

PJ-1000(ソニー)に関する技術

PJ-1000の主な諸元

表1 PJ-1000の主な諸元

プリンタ着脱式ワープロ"プロデュース"の基本コンセプトである「セパレート&コンパクト」を掲げ,ソニーは,1989年2月,カルク・グラフ・通信機能など機能を備えた日本語ワードプロセッサ"プロデュース1000"「PJ-1000」を発表した.


特徴

1)本体から分離できるセパレートプリンタ
    プリンタを立てて使用すれば,用紙を曲げずに印刷できる水平印字方式を採用.印字は48×48ドットで,多くの材質のものに印字が可能.
2)45文字×20行表示の大型液晶ディスプレイ
    スライドオープンディスプレイにより,45文字×20行を表示.
3)関数計算もできるカルク(表計算)機能
    最大512行×横128列(有効セル数約8,000)までの表が作成可能.関数は58種類が用意されている.
4)カルクのデータを8種類のグラフに変換
    カルクで作成したデータを,8種類のグラフ(棒,積層,折れ線,円,レーダーチャート,帯,パレート図,散点)に変換できる.
5)キー入力だけで7カ国語に対応する欧文ワープロ機能(記号入力なら15カ国まで)
    イギリス,フランス,ドイツ,イタリア,スペイン,デンマーク,スウェーデンの7カ国語に対応.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1989年
ソニー:表計算,グラフ作成機能,通信機能を加えたポータブルワープロPJ-1000発売

世の中の出来事

1989
昭和天皇が崩御する。
1989
消費税がスタートする。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

ソニー、セパレートプリンタ、カルク(表計算)機能、欧文ワープロ機能、ワードプロセッサ
Page Top