1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号840)

文豪mini7H(日本電気)に関する技術

文豪mini7H

写真1 文豪mini7H

文豪mini7Hの諸元

表1 文豪mini7Hの諸元

日本電気は,1987年10月,パーソナルワープロとして初めて48ドットプリンタを採用した文豪mini7Hなど4機種を発売した.


同社は,パーソナルワープロとして,1985年10月に文豪mini3,文豪mini5および文豪mini7を発表したが,パーソナルワープロの最上位機(高級機)としての文豪mini7は,その後,1986年11月に10インチCRTを採用した文豪mini7G として,1987年5月にはアプリケーションを強化した文豪mini7GXとして強化されていった.文豪mini7Hは文豪mini7GXの後継機であり,パーソナルワープロとして初めて48×48ドットプリンタを採用したことで10.5ポイント文字を活字並みの印字を実現し,さらに明朝体の他にオプションとして毛筆書体を提供するなどで高品質な文書作成を可能にした.またモデムボード(伝送速度300bps,1,200bps)および通信ソフトを内蔵したモデルを用意したので,モデムやモデム付き電話を使用することなく,家庭の電話用プラグに接続するだけでPC-VANなどのパソコン通信サービスを利用することができた.その上,ファクシミリ機能を内蔵したモデルを用意していたので,ワープロで作成した文書を遠隔地のファクシミリ(G3機)に送信でき,またファクシミリから送信されたデータを受信することができた.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1987年
日本電気:パーソナルワープロとして初めて48ドットプリンタを採用したmini7Hなど4機種発売

世の中の出来事

1987
国鉄が分割民営化され、JRが発足する。
1987
利根川進がノーベル医学・生理学賞を受賞する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

日本電気、48ドットプリンタ、ワードプロセッサ
Page Top