1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号66)

MELCOM EX 830II,EX 840II,EX 850IIに関する技術

EX840II

図1 EX840II

MELCOM EX 860II,EX 870II,EX 880II構成諸元

表1 MELCOM EX 860II,EX 870II,EX 880II構成諸元

 EX830II, EX840 II, EX850 IIでは,本体(中央処理装置,主記憶装置,チャネル装置)に入出力制御装置(磁気ディスク制御装置,通信制御装置,ローカルワークステーション制御装置,ローカル入出力制御装置,統合通信制御装置)を統合実装するとともに,磁気ディスク装置を最大5GBまで内蔵可能とするコンパクト化を行い,端末を除くシステムあたりの設置面積をEX830,EX840,EX850に比べ27~48%縮減した.また,電源の瞬停時,バッテリバックアップの間に自動的に状態情報をセーブし,復電後,自動的にジョブの再開を図るパワーフェールセーフ機能を追加した.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1988年
三菱電機:汎用機MELCOM EXシリーズ発表

世の中の出来事

1988
リクルート事件が政治問題化する。
1988
青函トンネルが開業する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

MELCOM、三菱、パワーフェールセーフ機能、システム・チェックポイント・リスタート機能、メインフレーム、オペレーティングシステム
Page Top