1. HOME
  2. 電気関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号654)

OASYS 100G (富士通)に関する技術

OASYS 100G

写真1 OASYS 100G

OASYS 100GS

写真2 OASYS 100GS

OASYS 100GX

写真3 OASYS 100GX

OASYS 300Aモデル45

写真4 OASYS 300Aモデル45

高性能ビジネス用日本語ワードプロセッサ主要機種の諸元

表1 高性能ビジネス用日本語ワードプロセッサ主要機種の諸元

 富士通の日本語ワードプロセッサの当時の最上位機で,同社初のワードプロセッサはOASYS 100(1980年5月発表)の上位機として1982年11月に発表された.これは,以下の特徴を有した.
(1) A4判フルスクリーンの17インチ縦型大画面採用(48文字×65行表示)
(2) 40×40ドットで高品質・高速印字(A4判文書毎分10枚)が可能なレーザプリンタを標準装備
(3) 従来の自動罫線機能に加え,直線や円,長方形などが描ける線画作成機能を提供
(4) 文字の拡大,縮小のほか,上下の添字や網掛けなど多様な文書作成機能を追加

 日本語ワードプロセッサは,平均単価が1980年から1985年の5年間で10分の1以下に低下する(1980年 200万円,1985年16.4万円)一方で,ビジネス用上位機では,文書処理機能・高品質印字や使いやすさを追求した機種が開発された.本機では,前述した文書作成の高度化のため従来の8ビットMPUに代えインテル社の16ビットMPU(86系)を採用した.また,本機用に開発された高品質・高速印字が可能なレーザプリンタは,OASYS 100G本体価格の170万円よりも高い250万円という高価格で,重さが88kgと非常に重いものであった.

 本機の後には,ディスプレイ,キーボードを分離したコンポスタイルの斬新なデザインおよび首振り機構付きディスプレイなどを採用したOASYS 100GS,見やすく目が疲れにくい24ドット表示でホワイトCRTを採用したOASYS 100GX,32ビットMPUの採用による高速化,電子出版(EP)機能を搭載したOASYS 300Aなどが開発された.

 また,日本語入力方式は,初期モデルにおける単純な単語変換から,OASYS 100GSにおけるかな漢字変換の自動化と文節変換,さらにOASYS 300Aでは複文節変換へと進化した.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1982年
富士通:A4フルスクリーン表示が可能なビジネスワープロ OASYS 100G

世の中の出来事

1982
ホテルニュージャパンで火災が起こる。
1982
東北新幹線・上越新幹線が開業する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

富士通、OASYS、A4判フルスクリーン、レーザプリンタ、電子出版、ワードプロセッサ
Page Top