1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号653)

TOSWORD JW-1(東芝)に関する技術

TOSWORD JW-1

写真1 TOSWORD JW-1

JW-1の仕様

表1 JW-1の仕様

 1982年11月に東芝が販売を開始した,パーソナルユースを目指した小型,軽量,低価格ワープロ.価格が59万8千円,重量が11.5kgというオールインワンタイプのポータブル機であり,1978年に発表された初の日本のワープロJW-10と比べると,4年間で体積が20分の1,重量が15分の1,価格が10分の1となった.

 JW-1の主な特徴は以下のとおりである.
(1)可搬性
2行漢字液晶ディスプレイ,小形熱転写プリンタ,両面倍密度薄型5.25インチFDD,薄型KB開発,256キロバイトマスクROM,64キロバイト D-RAM採用により,小型化/軽量化を実現した.
(2)高機能
小型,低価格機ではあったが,入力方式としては上位機で確立されたかな漢字変換方式を採用し,完成した文書印刷も,24×24ドット印字で行われた.

 JW-1では,2行しか表示することができなかったので,ユーザの操作意図に応じて,表示装置上の各行の用途を切り替えるなどの工夫を重ねて,ユーザには快適な操作性を提供した.

 また,同機はポータブル機であることから,突然の停電,あるいは電源断や文書FDの破損などのような,従来機よりも厳しい使用環境が想定されるために,次のような機能を備えた.
 ・文書復旧機能
 ・文書作成途中での電源断などによる不意の処理中断が発生した場合でも,それまでの入力を可能な限り復旧する機能
 ・文書FD強制読み込み
 ・文書FDの入力でエラーが発見された場合にエラー部分をスキップして,正常部分のみを読み込んで被害を最小限に食い止める機能

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1982年
東芝:40字×2行表示の卓上一体型日本語ワープロTOSWORD JW-1

世の中の出来事

1982
ホテルニュージャパンで火災が起こる。
1982
東北新幹線・上越新幹線が開業する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

東芝、パーソナルユース、オールインワンタイプ、ワードプロセッサ
Page Top