1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号650)

My OASYS (富士通)に関する技術

My OASYS

写真1 My OASYS

My OASYS2

写真2 My OASYS2

レターメイト800の仕様

表1 レターメイト800の仕様

 富士通の日本語ワードプロセッサで,1982年5月に発表された.このMy OASYS(マイオアシス)は,フロッピィディスクを1台とするとともに9インチのCRTディスプレイの採用により小形化と低価格化を図り,初めて100万円をきった.本体の上にプリンタ(16ドット)を搭載でき,本体,キーボードおよびプリンタを合わせても19kgという軽さを実現した.また,この機種の販売活動として,日本語ワードプロセッサの代わりにワープロという言葉を使用した積極的な宣伝が行われた結果,この年(1982年)に「ワープロ」という言葉が定着した.本機は,積極的な宣伝と,価格が従来機の半額ということもあり,同社をワープロのトップメーカにする原動力となった.

 My OASYSの操作は,上位機OASYS 100,100Jとほとんど同じで,また,OASYS 100Jとは文書フロッピィの互換性が高く,My OASYS で作成した文書をOASYS 100Jの24ドットプリンタを使って,より高品質に印刷することができた.

 1983年4月には,さらに小形の6インチCRTディスプレイを採用して,さらに小形化・低価格化を図ったMy OASYS2が発表された.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1982年
富士通:初めて100万円を切る日本語ワープロ My OASYS

世の中の出来事

1982
ホテルニュージャパンで火災が起こる。
1982
東北新幹線・上越新幹線が開業する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

富士通、OASYS、24ドットプリンタ、CRTディスプレイ、ワードプロセッサ
Page Top