1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号647)

BW-20(日立)に関する技術

ワードパル20

写真1 ワードパル20

 1981年に日立製作所として初のワードプロセッサBW-20(愛称:ワードパル20)を発表した.

特徴
(1) 12インチディスプレイ,5インチFDD 2基を装備.
(2) タブレット,2ウェイの2つの入力準備し,能力や好みに合った方式をユーザ選択とした.
   2ウェイ方式は独自に開発した入力方法で200文字/分の高速入力が可能.
(3) 多様な用紙サイズ(A3~B6)に対応した35字/秒ワイヤドットプリンタを採用.
(4) ワードプロセッサ専用フォントを開発し,美しい文章を実現.
(5) オプションとして帳票システムPALCALC1を用意し,表計算や並び替え,グラフ作成が容易にできるようにした.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1981年
日立:同社初の日本語ワープロBW-20(愛称:ワードパル20)

世の中の出来事

1981
神戸で博覧会「ポートピア’81」が開幕する。
1981
スペースシャトル初飛行

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

日立、帳票システム、ワードプロセッサ
Page Top