1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号644)

OASYS 100 (富士通)に関する技術

OASYS 100

写真1 OASYS 100

OASYS 100用プリンタ装置

写真2 OASYS 100用プリンタ装置

OASYS 100J

写真3 OASYS 100J

OASYS 100F

写真4 OASYS 100F

 富士通初の日本語ワードプロセッサで,1980年5月に日本語電子タイプライタとして発表された.発表時に機種名を公募して,応募の中から「オアシス(OASYS = Office Automation SYStem)100」と命名された.以後,同社の日本語ワードプロセッサにはOASYSという名前が付けられた.

 このOASYS 100は,以下の特徴を有した.
(1)日本語文章を誰でも容易に入力できる独自開発の親指シフトキーボードを採用
(2)対話式かな漢字変換方式(ディスプレイ画面を見ながら変換キーで漢字に変換)による入力
(3)最新使用優先学習方式(かな漢字変換の時に,最後に使用した漢字を最初に表示)
(4)10万語(一般単語6万語,固有名詞2万語,ユーザ登録単語2万語)の漢字辞書を装備
(5)A4判フルページ表示可能な大型画面(14インチCRTディスプレイ,48字×32行表示)を採用
(6)すぐれた校正・編集機能を装備
(訂正,挿入,削除,移動など種々の校正・編集をディスプレイを見ながら簡単に行える)
(7)最大A4判 80ページ分を1枚のフロッピィディスクに保存(再利用も可能)

 1981年8月には,従来の8インチフロッピィディスク・14インチCRTディスプレイに替え,5インチフロッピィディスク・12インチCRTディスプレイを採用して小形化と低価格化を図ったOASYS 100J,1983年11月には,小さいながらも最上位機OASYS 100Gの機能を搭載したOASYS 100Fが発表された.以後も,ビジネス用中級機として多数の機種が発表された.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1980年
1980年富士通:同社初の親指シフトキーボード採用の日本語電子タイプライタ

世の中の出来事

1980
自動車生産台数が世界第1位となる。
1980
漫才ブームが起こる。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

富士通、日本語ワープロ、OASYS、親指シフトキーボード、ワードプロセッサ
Page Top