1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号643)

親指シフトキーボード (富士通)に関する技術

親指シフトキーボード

写真1 親指シフトキーボード

親指シフトキーボードと指の関係

写真2 親指シフトキーボードと指の関係

文字入力方法

表1 文字入力方法

日本語を英文タイプライタ並みに簡単に入力できるように考案された富士通独自のキーボード.同社初の日本語ワードプロセッサOASYS 100のために同社神田泰典氏により開発された.この「親指シフトキーボード」による入力の仕組みを以下に概説する.
(1)かな50音が英文タイプライタと同じ3列30個のキーに配列,1個のキーに2文字を割り当て
(キーの配置を覚えてしまえばタッチタイピング入力が可能となる)
(2)2文字の選択は親指の位置にある「シフトキー」との同時打鍵により選択
この親指シフトキーは,左右の親指用に2個あり,文字キーと左右のシフトキーとの同時打鍵の組み合わせで表1の入力が可能.なお,半濁音の入力は専用の左右にある半濁音キーを使用.


キー配列は以下のように決められた.
(1)濁音を持つ文字がキーの上側にこないようにした
(2)出現頻度の高い文字を打ちやすい位置に配置した
(3)各かな文字の次に現れる文字の出現頻度(遷移確率)をもとに,指の移動量が少なく,さらに左右の指が交互に使われるように配置した

このように,1文字の入力には1回の打鍵ですむため,ローマ字入力より打鍵数が少ないことと上記のようなキー配列の配慮により日本語の高速入力が可能となった.

この親指シフトキーボードは,同社の日本語ワードプロセッサで長期にわたり使われた.また,パソコンのキーボードとしても親指シフトキーボードがオプションとして提供された.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1980年
富士通:同社初の親指シフトキーボード採用の日本語電子タイプライタ

世の中の出来事

1980
自動車生産台数が世界第1位となる。
1980
漫才ブームが起こる。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

富士通、OASYS、親指シフトキーボード、ワードプロセッサ
Page Top