1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号642)

PROSET 30(日立)に関する技術

PROSET 30

写真1 PROSET 30

 オールインワン型という,まったく新しいコンセプトのもと開発されたOAパソコンが日立パーソナルワークツール「PROSET(プロセット)30」である.32ビットCPU,20MBハードディスク,3.5型フロッピーディスク,10型(640×400ドット)カラーディスプレイ,プリンタ,モデムを1つのボディに搭載.ワープロ(一太郎VER.4),作図(花子VER.2),メール,通話,FAXなどが1台で行えることは,当時かなり画期的なことであった.また,複数アプリケーションのウィンドウ切り替えや,オプションで写真や静止画のキャプチャーにも対応するなど,先進的な操作環境を実現していた.1989年完成.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1989年
日立:パーソナルワークツール PROSET 30

世の中の出来事

1989
昭和天皇が崩御する。
1989
消費税がスタートする。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

日立、オールインワン型、32ビットCPU、一太郎、花子、パーソナルコンピュータ
Page Top