1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号64)

MELCOM EX 830,EX840,EX850に関する技術

EX840

図1 EX840

MELCOM EX 860,EX870,EX880構成諸元

表1 MELCOM EX 860,EX870,EX880構成諸元

 EX830,EX840は,ゲート遅延時間0.5n秒,6000ゲートの高速高密度ECL-LSIと,アクセス時間7n秒の高速ECL-RAMを使用して高速化を図り,かつ,汎用コンピュータとしては画期的な1平方メートル・1立方メートルの省スペースを実現している.EX850は,EX840に増設プロセッサ架を付加するだけで構成できるデュアルプロセッサシステムである.


 EXシリーズのOSとしては,システム規模の拡張,デュアルプロセッサのサポートや各種資源利用の最適化によるシステム処理能力の向上,大容量磁気ディスク装置のサポートなどによる情報蓄積能力の拡大,TSS・バッチ共通のコマンドプロシージャ機能やシステムの運用・操作を簡素化するオペレーションプロシージャ機能の利用によるシステム構築の容易性などの特徴を持っているGOS/VSを開発した.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1985年
三菱電機:汎用機MELCOM EXシリーズ発表

世の中の出来事

1985
つくば市で科学万博が開幕する。
1985
電電公社が民営化され、NTTが発足する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

MELCOM、三菱、GOS/VS、メインフレーム、オペレーティングシステム
Page Top