1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号632)

T-5100(東芝)に関する技術

J-3100 SGT

写真1 J-3100 SGT

 1987年に東芝が発売した,世界初の32ビットマイクロプロセッサ(80386)採用ラップトップパソコン.大容量(40メガバイト)で高速(平均アクセスタイム29ms)なHDDを内蔵しながら,重量はT-3100なみの6.8kgである.

 T-5100を国内向けに発売した製品が,J-3100SGTである.101モデルと041モデルがあり,その特長は以下の通り.
(1) CPUは80386(20MHz/16MHz), 80387演算プロセッサ(オプション)
(2) メモリは最大4メガバイト(標準2メガバイト)
(3) FDD(1.2メガバイト),HDD(100メガバイト/40メガバイト)
(4) 日本語MS-DOS3.1を標準搭載.「日本語MS OS/2 V1.1」,「日本語UX/386(UNIX SVR3+日本語処理機能)」などのOSをオプションとして提供.
(5) 640×400ドットの4階調プラズマディスプレイ

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1987年
1987年東芝:世界初の32ビット海外向けラップトップパソコンT-5100

世の中の出来事

1987
国鉄が分割民営化され、JRが発足する。
1987
利根川進がノーベル医学・生理学賞を受賞する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

東芝、32ビットラップトップパソコン、MS-DOS3.1、パーソナルコンピュータ
Page Top