1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号630)

PC-98XL2(日本電気)に関する技術

PC-98XL2

写真1 PC-98XL2

 1987年9月,日本電気は,インテル社のマイクロプロセッサ80386を採用した32ビットパソコンPC-98XL2を発表した.同機は,また,日本で初めて日本語MS OS/2を採用したパソコンでもあった.

特長
 1) CPUにインテル社の32ビットマイクロプロセッサ80386(クロック周波数16MHz)を採用し,処理速度の高速化を図っていること.また,PC-9800シリーズとの間においてはソフトウェア,周辺機器の互換性を維持していること.さらに,16ビットマイクロプロセッサV30(クロック周波数8MHz)を搭載することにより,PC-9800シリーズとの間で互換性を完全に維持していること.
 2) 記憶容量としては1メガバイトの5インチフロッピーディスク2台と40メガバイトの5インチ固定ディスク1台を内蔵しているほか,増設用として,2台目の40メガバイトの5インチ固定ディスクも内蔵出きること.
 3) ユーザズメモリを1.5メガバイト標準実装.メモリ容量は最大14.5メガバイトまで拡張可能.
 4) オペレーティングシステムは日本語MS-DOS(Ver3.1)に加え,マルチタスク用OS,日本語MS OS/2も使用できる.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1987年
日本電気:80386を採用した32ビットパソコンPC-98XL2

世の中の出来事

1987
国鉄が分割民営化され、JRが発足する。
1987
利根川進がノーベル医学・生理学賞を受賞する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

日本電気、32ビットパソコン、PC-9800シリーズ、パーソナルコンピュータ
Page Top