1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号628)

FM Rシリーズ(富士通)に関する技術

FM R-60FD

写真1 FM R-60FD

FM R-30FD

写真2 FM R-30FD

FM R-30HX

写真3 FM R-30HX

FM R-50LT

写真4 FM R-50LT

FM Rシリーズ諸元

表1 FM Rシリーズ諸元

 富士通のビジネス用パソコンFM16βの後継機.1987年1月にFM R-60,R-50,R-30の3機種が発表された. FM R-60は,従来機FM16βFD比約30%高速化,1,120×750ドットの高精細グラフィクス採用,24ドット漢字表示機能を有した最上位機.FM R-50は,FM R-60の能力で640×480ドットグラッフィクス採用のハイコストパフォーマンス機.FM R-30は,逆T字のユニークなデザインのコンパクトなボディに640×480ドット大型ディス プレイと3.5インチフロッピーディスクを収容した省スペース機.従来機FM16βは高速でかつ機能も優れ,ハードウェアは高いレベルにあった.しかし,MS-DOSへの対応の遅れによりソフトウェアの品揃えが進まなかったことから,FM Rシリーズでは,MS-DOSを標準とし,本格的なビジネスパソコンを目指して開発され,以下の特徴を持つ(FM RシリーズのRは,"Refresh"と"Revolution"の頭文字を意味した)
(1) 8086系 CPU路線を踏襲,MS-DOSに一本化
(2) ハードウェアのシリーズ化(FM R-30/50/60 3機種6タイプ)により利用者の要求に合った選択が可能
(3) 日本語入力を統一(OASYSかな漢字変換機能)
(4) 日本語ワープロOASYSシリーズとの融合を実現するFM-OASYSを提供
(5) ホスト接続,パソコン通信,LANなど各種通信機能を装備
(6) ビジネスパソコンとして必要なハードウェア・ソフトウェアの品揃えを充実
 その後,32ビット CPU 80386を搭載したFM R-70が追加され性能強化を図られた.また,省スペース対応のトランスポータブル機FM R-30BX(1987年)とFM R-30HX(重量約9kg,1988年),ラップトップ機FM R-10LT(連続使用1~4時間のバッテリ駆動,重量5kg,1988年)とFM R-50LT(FM R-50互換,プラズマディスプレイ採用のラップトップパソコン,重量約7.6/7.5kg,1988年)が製品化された.FM Rシリーズは,AT互換機FM-Vが出る1993年まで富士通の主流のビジネスパソコンとなった.また,FM-Rシリーズの仕様が開示され,松下電器よりPanacom Mシリーズが製品化された.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1987年
富士通:ビジネス用パソコンFM Rシリーズ3機種

世の中の出来事

1987
国鉄が分割民営化され、JRが発足する。
1987
利根川進がノーベル医学・生理学賞を受賞する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

富士通、ビジネス用パソコン、OASYS、パーソナルコンピュータ
Page Top