1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号625)

MULTI16(三菱電機)に関する技術

MULTI16

写真1 MULTI16

 1981年に三菱電機が発表した業界初の16ビット業務用パソコンであり,事務処理計算,科学技術計算,ホストの端末など幅広い用途に使うことができる.

 CPUには8088(4.4MHz)を使用.メモリは64KビットDRAMで,最小128キロバイトから最大384キロバイトまで搭載できる.さらに,高速演算プロセッサ8087が装備可能である.CRT表示は,640×400ドットでドット毎に8色指定可という業界最高水準の高解像度グラフィクスを使用している.漢字は,標準で500種が可能であり ,128キロバイトのメモリ増設により4,000種の漢字が可能となる.漢字表示は16ドット×16ドットで,CRTに40字×20行表示される.ファイル装置としては,51/4インチ両面倍密度のフレキシブルディスク装置(300KB)を標準装備し,8インチ両面倍密度フレキシブルディスク装置(1メガバイト),51/4インチ固定ディスク(10メガバイト)も接続可能である.

 OSは,1メガバイトまでの論理アドレス空間を提供する米国ディジタルリサーチ社のCP/M-86であり,スタンドアローンM-BASICを除くすべてのソフトウェアがCP/Mの下で動作する.言語は,BASIC,COBOL,FORTRANをサポートしている.さらに,高性能汎用作表分析言語「Multiplan」や作図パッケージ「Multiplot」,100種類の業務業種別アプリケーションパッケージがサポートされているほか,ホストコンピュータの分散処理端末機能も提供されている.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1981年
三菱電機:日本初の16ビット業務用パソコンMULTI 16

世の中の出来事

1981
神戸で博覧会「ポートピア’81」が開幕する。
1981
スペースシャトル初飛行

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

三菱電機、16ビット業務用パソコン、Multiplan、Multiplot、分散処理端末機能、パーソナルコンピュータ
Page Top