1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号622)

T-1100(東芝)に関する技術

T-1100

写真1 T-1100

 東芝がパソコン戦略をIBM PC互換戦略に転換して開発した16ビットポータブルパソコン.日本国内では発売されず,1985年にドイツのハノーバメッセで欧米市場向けとして出展された.主な特長は以下のとおり.
(1) CPUに, 80C86(5MHz)を採用.メモリは,最大512キロバイト.
(2) 80文字×25行(640×240ドット)の高コントラスト液晶ディスプレイ内蔵
(3) 3.5インチFDD内蔵(720キロバイト)
(4) 83キーフルストロークキロバイト
(5) 内蔵ニッカド電池により8時間の動作可能
(6) サイズが310(W) ×300(D) ×67(H),重量4kg
 本格的IBM PC互換PCが,4kgというポータブルPCとして実現されていることが欧米市場で高く評価され,その後の東芝のラップトップパソコンへの進路を決めた.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1985年
東芝:ラップトップパソコンの分野を開いたT-1100

世の中の出来事

1985
つくば市で科学万博が開幕する。
1985
電電公社が民営化され、NTTが発足する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

東芝、16ビットポータブルパソコン、パーソナルコンピュータ
Page Top