1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号62)

HITAC M-880プロセッサグループに関する技術

HITAC M-880/420

図1 HITAC M-880/420

HITAC M-880/210

図2 HITAC M-880/210

HITAC M-880用超高集積CMOS LSI

図3 HITAC M-880用超高集積CMOS LSI

M-880プロセッサグループ構成諸元

表1 M-880プロセッサグループ構成諸元

 M-880プロセッサグループは,アドバンストシステムアーキテクチャを装備した世界トップクラスの汎用プロセッサグループで,1990年6月に発表された.1チップ12,000ゲート,遅延時間70ピコ秒のECL LSIに加え,4MビットCMOS LSIを主記憶装置に採用.マルチプロセッサを基本に,広域・複合時代へ向けて,より拡張性の高いシステムを提供した.


 また,2ウェイプロセッサモデルのM-880/210,M-880/220から,3ウェイプロセッサモデルのM-880/310,4ウェイプロセッサモデルのM-880/420まで,4モデルのラインアップである.エントリモデルの210は,M-680Hの約3倍,モデル310は,M-682Hの約2.5倍の処理能力を備えている.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1990年
日立:世界最高速の超大型汎用機M-880プロセッサグループ発表

世の中の出来事

1990
大学センター試験が始まる。
1990
東西ドイツが統一される。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

HITAC、日立、汎用プロセッサ、超大型汎用機、1万2千ゲート遅延時間70ピコ秒のECL LSI、メインフレーム、計算機ハードウェア
Page Top