1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号619)

16000シリーズ MB-16001(日立)に関する技術

16000シリーズ MB-16001

写真1 16000シリーズ MB-16001

 「16000シリーズ MB-16001」は16ビットCPU,メモリ標準320KB/最大576KBを搭載した高機能パーソナルコンピュータとして登場.OSにMS-DOSを採用し,FORTRANやCOBOLといった多彩なプログラム言語に対応.さらにカラーグラフィックや漢字表示にも対応し,汎用性と拡張性を図ることで,単なる個人用の域を超え,科学技術計算分野などにも適用される,本格的な業務用のパーソナルコンピュータとして位置付けられた製品である.1982年完成.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1982年
日立:16ビットパソコン 16000シリーズ MB-16001

世の中の出来事

1982
ホテルニュージャパンで火災が起こる。
1982
東北新幹線・上越新幹線が開業する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

日立、16ビットパーソナルコンピュータ、カラーグラフィック、漢字表示、パーソナルコンピュータ
Page Top