1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号615)

ベーシックマスター レベル3 MB-6890(日立)に関する技術

ベーシックマスター レベル3 MB-6890

写真2 ベーシックマスター レベル3 MB-6890

 「ベーシックマスター レベル3」はパーソナルコンピュータで初めて「ひらがな表示」に対応し,また「拡張BASIC」を使用することで,使いやすさと性能を大幅に向上した8ビットパソコンである.さらに周辺機器にカラーディスプレイ,プリンタ,ミニフロッピーを揃え,個人用途だけでなく,教育・事務・情報検索・シミュレーションなどさまざまな分野で活躍できるよう,機能の充実化が図られた.これにより,パソコンがビジネス用途へと急速に進出していくこととなった.1980年完成.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1980年
日立:初のひらがな表示パソコン ベーシックマスター レベル3 MB-6890, MB-6891

世の中の出来事

1980
自動車生産台数が世界第1位となる。
1980
漫才ブームが起こる。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

日立、ひらがな表示、拡張BASIC、8ビットパソコン、パーソナルコンピュータ
Page Top