1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号600)

世界初の275kV CVケーブル長距離線路の実用化

  • 写真なし八木澤 喜一
  • 写真なし田辺 輝義
  • 写真なし丸茂 守忠
  • 写真なし林 亨
中間接続部として採用された押出形モールドジョイント

図1 中間接続部として採用された押出形モールドジョイント

ケーブル構造表

表1 ケーブル構造表

275kVCVケーブル用EMJの試験結果

表2 275kVCVケーブル用EMJの試験結果

 500kVCVケーブルは発電所において中間接続部を有さない短尺の構内連絡線として既に使用されているが、長尺線路化の趨勢に応じるべく世界で初めて中間接続部を含む275kVCVケーブル長尺線路の実用化を図った。

 CVケーブルは電気特性に優れていること、保守が容易であること等の理由により、ますます高電圧化されている。275kV中間接続部については、数年間にわたり開発を進めてきた押出形モールドジョイントの長期課通電の試験の結果、十分な長期信頼性を持つことが確認された。更に長尺ケーブル製造技術の向上、ケーブル製造、布設、ジョイントの施工までの品質管理手法の確立、ケーブル熱挙動の検証などが行われ、高信頼度の長距離地中送電線路建設技術の確立が図られてきた。

 これらの結果を踏まえて、東京電力㈱の275kV南池上線(1,400mm2、9.5km)に世界で初めて中間接続部を有する275kVCVケーブルを採用した。

 南池上線の完成は、275kVCVケーブルの長尺線路が実用化できる技術を開発したことを内外に示したものとして意義深いものといえる。

 本研究の成果に対して、電気学会は、1990年、八木澤 喜一(東京電力㈱)、田辺 輝義(古河電気工業㈱)、丸茂 守忠(日立電線㈱)、林 亨(住友電工㈱)に電気学術振興賞(進歩賞)を贈った。

文献

[1] 八木澤喜一、滝本登、久保田武夫、逸見武男
西舘康男、五来高志、堀内忠登、東京電力株式会社南池上線275kV CVケーブル
長距離線路の実用化、1990年、日立電線No.10
[2] 八木澤喜一、滝本登、田辺輝義、岩田善舗
藤沢正孝、瀬川嘉晴、南池上線275kVケーブル長距離線路の完成、1990年、古河電工時報No.84

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

電気・電力
(電力輸送)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1990
大学センター試験が始まる。
1990
東西ドイツが統一される。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

電線・ケーブル、高電圧・大電流、電線・ケーブル、送電
Page Top