1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号60)

HITAC M-620/M-630/M-640プロセッサグループに関する技術

HITAC M-640

図1 HITAC M-640

HITAC M-620

図2 HITAC M-620

HITAC M-640用ワンカードCPU

図3 HITAC M-640用ワンカードCPU

M-620/M-630/M-640プロセッサグループ構成諸元

表1 M-620/M-630/M-640プロセッサグループ構成諸元

 中小型汎用機のプロセッサグループ.高性能CPUを1枚のカードに凝縮したワンカードCPUの開発,磁気ディスク装置の高速・大容量化などにより,コンパクト化と高性能化を同時に実現した.


 上位機種のM-640では,2千/5千ゲート/チップの高速論理用LSI,チャネル部に4万ゲート/チップの高集積CMOS LSI等を採用し,省エネルギー・省スペースを実現.


 中位機種のM-630,下位機種のM-620は,それぞれ設置面積が0.6㎡,0.27㎡のワンボックスシステム.商用100V電源が使え,特別な空調設備を不要とし,オフィス設置に対応した.

 また,M-620/M-630/M-640プロセッサグループEモデルはこれらの機種の改良モデルである.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1985年
日立:汎用機M-200シリーズの後継機M-600シリーズ発表

世の中の出来事

1985
つくば市で科学万博が開幕する。
1985
電電公社が民営化され、NTTが発足する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

HITAC、日立、中小型汎用機、ワンカードCPU、メインフレーム、計算機ハードウェア
Page Top