1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号56)

HITAC M-66Xプロセッサグループに関する技術

HITAC M-660H

図1 HITAC M-660H

M-68Xプロセッサグループ構成諸元

表1 M-68Xプロセッサグループ構成諸元

 大型汎用機のプロセッサグループで,M-660D,M-660H,M-660K,M-662Kの4機種からなる.


 M-660HはM-260Hの後継機に位置付けられる大型機で,効率のよい論理方式により,少ないゲート数でプロセッサを小形化した.同時にマシンサイクルを可能な限り短縮するため,国産機では初めて1メガビットDRAMを搭載した.また,先行制御,高速10進演算機構などの高速化論理方式により世界最高レベルの高性能・省スペース・省電力のプロセッサを実現した.


 M-660Kは,M-660Hの上位モデル.さらにM-662Kへのフィールドアップグレードが可能.

 M-662Kは,2台の命令プロセッサを持つダイアディックプロセッサ.M-66Xプロセッサの最上位モデルであり,M-660Dの約3.5倍の性能.

 M-660Dは,M-66Xプロセッサグループのエントリモデル.上位モデルへのフィールドアップグレードが可能.


 また,これらの改良モデルとして,M-660プロセッサグループEモデルがある.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1985年
日立:汎用機M-200シリーズの後継機M-600シリーズ発表

世の中の出来事

1985
つくば市で科学万博が開幕する。
1985
電電公社が民営化され、NTTが発足する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

大型汎用機、HITAC、日立、1メガビットDRAM、メインフレーム、計算機ハードウェア
Page Top