1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号55)

HITAC Lシリーズに関する技術

HITAC L-470

図1 HITAC L-470

HITAC L-450

図2 HITAC L-450

HITAC L-450Xデスクタイプ

図3 HITAC L-450Xデスクタイプ

 1983年に発表されたHITAC Lシリーズは,多用なOAシステムのニーズにこたえるため,充実した日本語文書処理,各種OA機器の接続,使いやすいデータベースなどを実現した.


 論理回路に世界最高レベルの超高密度CMOS 2万ゲート/チップVLSI(VERY LARGE SCALE INTEGRATION)を採用したコンパクト設計.また100V電源,特別な空調設備やフリーアクセスを不要とした.下位機L-450の設置面積は0.33㎡と脇机なみ.また,L-470はこのシリーズの上位機.


 1985年に発表されたL-400シリーズXモデルでは,業務処理を行うためだけのOAから一歩前進し,エンドユーザが情報を積極的に活用できるOAを実現.


 超高密度2万ゲート/チップVLSIを採用し,コンパクト化を実現.L-450Xデスクタイプ,L-450X,L-470X,L-490Xの4モデルがあり,設置場所で上位機種へ移行(フィールドアップグレード)することができる.


 設置面積はL-450Xプロセッサが0.32㎡と脇机なみ.ディスク駆動装置,ワークステーションとプリンタ装置を加えた構成で約7㎡あれば設置できる.また,商用100V電源を使用し,特別な空調設備やフリーアクセスは不要とした.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1983年
日立:OAシステム向けHITAC Lシリーズ発表

世の中の出来事

データなし

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

HITAC、日立、2万ゲートCMOS VLSI、オフィスコンピュータ
Page Top