1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号52)

FACOM M-300シリーズに関する技術

FACOM M-382

図1 FACOM M-382

FACOM M-380 LSI

図2 FACOM M-380 LSI

FACOM M-380 MCC

図3 FACOM M-380 MCC

FACOM M-380 スタック

図4 FACOM M-380 スタック

FACOM M-360

図5 FACOM M-360

FACOM M-340

図6 FACOM M-340

FACOM M-310

図7 FACOM M-310

FACOM M-300シリーズ諸元

表1 FACOM M-300シリーズ諸元

 富士通は1981年5月、超大型汎用コンピュータ「FACOM M-380」と「FACOM M-382」(総称してM-380モデルグループ)を発表した。これらは汎用機「FACOM M-100シリーズ」の後継機「FACOM M-300シリーズ」の最初の機種であり、のちに下位モデルや中型機FACOM M-310/320、FACOM M-340モデルグループ、さらに大型機FACOM M-360モデルグループが発表され、1983年にFACOM M-300シリーズのラインアップが完成した。

 このシリーズの特徴は、以下の通り。
 (1)最新テクノロジの採用により価格性能比を向上させた。
 *大型機系には、チップあたり最大1300または400ゲート、ゲート遅延時間350psの超高速ECL LSIと高密度実装技術(LSIおよびRAMを121個高密度実装可能なMCC(Multi-Chip Carrier)、LSI間配線を短縮する50cm立方の3次元スタック構造)を採用

 *中型機には、チップあたり最大2000ゲート、ゲート遅延時間1.5nsの高速・高集積TTL LSIを採用

 *FACOM M-382は、高速分岐機構などの採用でFACOM M-200に比べて3.8~4.5倍の性能を達成
 (2)大型機(FACOM M-360/380)で31ビット論理アドレスをサポートし、仮想空間を従来の16メガバイトから2ギガバイトに拡大した。
 (3)高集積LSIの採用により省電力を実現し、FACOM M-310,M-320では汎用機では初めてオフィス設置を可能とした(改良機FACOM M-310E、M-320E、M-330Eでさらに省スペース化を達成)
 (4)高集積LSIの採用により部品点数の削減、RAS機能の充実により信頼性を向上させた。
 (5)容易なフィールドアップグレードを実現した。(設置先でモデルグループ内上位モデルにアップグレード)

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1981年
富士通:超大型汎用機FACOM M-380/382発表

世の中の出来事

1981
神戸で博覧会「ポートピア’81」が開幕する。
1981
スペースシャトル初飛行

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

富士通、FACOM、RAS機能、メインフレーム、計算機ハードウェア
Page Top