1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号50)

DIPS-Vエンハンスシリーズに関する技術

DIPS-V30

図1 DIPS-V30

DIPS-V30E

図2 DIPS-V30E

DIPS-V30EX

図3 DIPS-V30EX

DIPS-V40EX

図4 DIPS-V40EX

DIPS-V30S

図5 DIPS-V30S

DIPS-V30SX

図6 DIPS-V30SX

DIPS-V40SX

図7 DIPS-V40SX

DIPS-VシリーズE系列機の主要諸元

表1 DIPS-VシリーズE系列機の主要諸元

DIPS-VシリーズS系列機の主要諸元

表2 DIPS-VシリーズS系列機の主要諸元

 DIPS小型の方式構成を継承し,より規模・性能の大きい応用領域への拡張を狙いに上位シリーズの展開が図られた.DIPS-VエンハンスシリーズではDIPS-V20のハードウェアを基本にCPUの改良を行い,V20の2~3倍の性能を目標とするDIPS-V30の実用化が電電公社(現NTT)研究所で進められ,1985年度末に商用導入が図られた.


 さらなるテクノロジーの進歩と,小規模情報処理の分野の利用拡大に対応するため,V30の上位方向の展開が図られ,1987年度末にV30E,1989年にV30EX,また1992年にV40EXが開発された (DIPS-VシリーズE系列機の主要諸元) .

 V20を出発点とするもう一方の発展として,一層の分散処理の実現,さらに小規模領域への情報処理応用の経済的実現とを目指し,下位シリーズの系列が展開された.ここでは多様な周辺装置のインタフェースを,各々対応するアダプタボードに実現し,さらに通信の接続制御機能を通信用ボードの上に実現することにより,通信系・周辺系を1つのIOPで制御できるようにし,より簡易な構成方式に発展させた.デスクトップタイプのV30Sの実用化(1986年度末完成)を皮切りに,1987年にV30SX,また1991年にはV40SXが開発された (DIPS-VシリーズS系列機の主要諸元) .

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1985年
NTT:性能レンジ拡大を図った小型DIPS-Vエンハンスシリーズ開発

世の中の出来事

1985
つくば市で科学万博が開幕する。
1985
電電公社が民営化され、NTTが発足する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

DIPS、電電公社、NTT、ミニコンピュータ、オペレーティングシステム
Page Top