1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号49)

DIPSデータベース処理装置(RINDA)に関する技術

DIPS-RINDA(データベース処理装置)

図1 DIPS-RINDA(データベース処理装置)

 データベースはシステムへの導入進展とともに,種々のアプリケーションから共有され,多目的に使用される情報資源として不可欠な存在となる.このことから,リレーショナル・データベースのサーチ,ソート処理の高速化を狙いとしたデータベースマシンの研究を1983年から電電公社(現NTT)研究所において開始し,研究試作機の評価実験を行った.1986年からは,DIPS-11/5Eシリーズ開発の一環としてその本格的な実用機RINDAの試作を開始,1988年度末に完成した.RINDAは,従来のソフトウェアのみによる処理に比較し,10~100倍の高速化が達成できることが確認されている.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1988年
NTT:サーチ処理を二桁高速化したDIPSデータベース処理装置(RINDA)を開発

世の中の出来事

1988
リクルート事件が政治問題化する。
1988
青函トンネルが開業する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

電電公社、NTT、DIPS、RINDA、データベースマシン、計算機ハードウェア、データベース
Page Top