1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号48)

DIPS-11/5EXシリーズ用CCPに関する技術

DIPS-CCPⅡEX

図1 DIPS-CCPⅡEX

DIPS通信制御処理装置の主要諸元

表1 DIPS通信制御処理装置の主要諸元

 DIPS-11/5Eシリーズ用通信制御処理装置CCP-IE,CCP-IIEの後継機として,1988年度から開発が開始されたDIPS-11/5EXシリーズの一環で,通信制御処理装置CCP-IEX,CCP-IIEXがNTT研究所において開発された.本体系装置の完成(1990年度から1901年度)に引き続いて1992年3月に試作を完了した.


 主な特徴は,(1)既存のCCP-IE/IIE上で走行する膨大なプログラム資産を流用可能とするとともに,回線アダプタ(LA)の活線挿抜を実現しオンライン運転中の回線増設・変更を可能としたこと,(2)適用領域の拡大のため新たな速度メニューとしてハイスーパディジタル専用線サービス,およびEthernet-LAN(10メガビット/秒)を加え,INSネット等の他種回線との混在収容を実現,(3)プロトコル処理を行うCCU(Communication Control Unit)筐体とLAを搭載するLUT(Linc Unit)筐体間を高速光シリアル転送で接続し,CCU-LUT間を約2km分離することを可能にし,LUTを交換機室に設置することが可能となり,回線ケーブル配線コストを削減できるほか,現用装置と予備装置で構成するCCPサブシステム群を同一フロアに設置する必要がなくなり,CCP配置の自由度を拡大したことである (DIPS通信制御処理装置の主要諸元) .

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1990年
NTT:5Eシリーズの後継機DIPS-11/5EXシリーズ開発

世の中の出来事

1990
大学センター試験が始まる。
1990
東西ドイツが統一される。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

NTT、通信制御処理装置、高速光シリアル転送、CCP、DIPS、通信制御、メインフレーム
Page Top