1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号47)

DIPS-11/5EXシリーズに関する技術

DIPS-11/15EX本体系装置

図1 DIPS-11/15EX本体系装置

DIPS-11/25EX本体系装置

図2 DIPS-11/25EX本体系装置

DIPS-11/45EX本体系装置

図3 DIPS-11/45EX本体系装置

DIPS-11/5EXシリーズの主要諸元

表1 DIPS-11/5EXシリーズの主要諸元

 市販機と同等の価格性能比を維持し,ユーザのプログラム資産の継承と発展を狙いとして,1986年半ばからDIPS-11/5Eシリーズ後継機の開発の検討がNTT研究所で開始された.5EXシリーズでは,100MBIT/S光ループによる複合構成は5Eシリーズをそのまま継承するなど,アーキテクチャの拡大は最小限にとどめ,ハードウェア開発は製造会社技術を活用する方針のもとに進められた.  


 1988年度初めに開発を開始し,5Eシリーズの各モデルの性能を1.5~2倍改良することを目標に,モデル5EX,15EX,25EX,45EXの開発が進められ,1990年度~1991年度にかけて試作を完了した (DIPS-11/5EXシリーズの主要諸元) .


 5EXシリーズではチャネルの技術として光インタフェースを用いた直列転送方式を実現し,従来の電気信号による最大転送速度ケーブル長120メートルで約6メガバイト/秒を大幅に超える,転送速度18メガバイト/秒,最大ケーブル長約2kmを可能とした.


 また,高速光ループインタフェースの距離を増大する独立型のI/Oインタフェース延長装置を開発し,利用者が数十km以上離れた遠隔地から情報処理センタにアクセスできるようにし,距離を克服した利用を可能とした.


 ダウンサイジングの進展動向,MIA/SPIRIT仕様による汎用コンピュータの調達への展開などを踏まえて,1969年から始まったNTT,日本電気,日立製作所,富士通によるDIPS共同研究は,5EXシリーズの開発完了をもって1992年3月に終了することとなった.


 並行してDIPS-11/5EXシリーズ用CCP(DIPS CCP-IEX, CCP-IIEX)を開発した.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1990年
NTT:5Eシリーズの後継機DIPS-11/5EXシリーズ開発

世の中の出来事

1990
大学センター試験が始まる。
1990
東西ドイツが統一される。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

NTT、光インタフェース、直列転送方式、DIPS、メインフレーム、オペレーティングシステム
Page Top