1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号45)

DIPS-11/5Eシリーズに関する技術

DIPS-11/5E本体系装置

図1 DIPS-11/5E本体系装置

DIPS-11/15E本体系装置

図2 DIPS-11/15E本体系装置

DIPS-11/25E本体系装置

図3 DIPS-11/25E本体系装置

DIPS-11/45E本体系装置

図4 DIPS-11/45E本体系装置

DIPS複合構成システム

図5 DIPS複合構成システム

DIPS-11/5Eシリーズの主要諸元

表1 DIPS-11/5Eシリーズの主要諸元

 1979年に、DIPS-11/5シリーズの後継機として5Eシリーズの検討が電電公社(現NTT)研究所で開始され、情報処理システムセンタの処理能力増強、柔軟なシステム構成、さらにセンタシステムの大規模化に伴う一層の高信頼度化の要求に対応し、1982年8月に開発計画がスタートした.その主な特徴は、(1)大規模でかつ拡張性に富むシステム構成および高信頼度システムの実現、(2)高性能化、コスト性能比の改善、(3)運転保守の集中化、省力化、自動化の実現にあった.


 具体的には、(1)に関して、高速の光ループシステムによるプロセッサ間接続を実現する複合システム構成の実用化、(2)に関して、高集積・高速論理LSI、256キロビットメモリ素子等の最新ハードウェアテクノロジーの採用、およびプロセッサの装置構成にダイアディック構成を採用、(3)に関しては、装置台数や種類に関係なく電源制御、構成制御等を行える制御ループ方式の採用、およびシステム制御プロセッサの導入による運転保守機能の集中化、自動化および遠隔化である.


 DIPS-11/5Eシリーズは、モデル5E、15E、25E、45Eの4モデルで構成され、1985年9月にモデル25Eおよび複合システムの試作を完了、モデル15Eは1986年3月、45Eは1986年度中頃に、モデル5Eは62年度初めにそれぞれ試作を完了した (DIPS-11/5Eシリーズの主要諸元) .


 5Eシリーズでは、世界に先駆けて100メガビット/秒の高速光ループにより複数のホストプロセッサ(CPU)と複数の通信制御プロセッサ(FEP)を接続制御する複合構成システムを実用化した.


 併せて、DIPS-11/5Eシリーズ用CCP(DIPS CCP-IE、 CCP-IIE)、及びDIPSデータベース処理装置(RINDA)を実用化した.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1985年
NTT:5Eシリーズの後継機DIPS-11/5EXシリーズ開発

世の中の出来事

1985
つくば市で科学万博が開幕する。
1985
電電公社が民営化され、NTTが発足する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

電電公社、NTT、光ループシステム、メインフレーム、オペレーティングシステム
Page Top