1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号44)

DIPS-11/5シリーズに関する技術

DIPS-11/5本体系装置

図1 DIPS-11/5本体系装置

DIPS-FCP(ファイル制御処理装置)

図2 DIPS-FCP(ファイル制御処理装置)

DIPS-11/15本体系装置

図3 DIPS-11/15本体系装置

DIPS-11/25本体系装置

図4 DIPS-11/25本体系装置

DIPS-11/35本体系装置

図5 DIPS-11/35本体系装置

DIPS-11/45本体系装置

図6 DIPS-11/45本体系装置

DIPS-11/45 LSI搭載ボード

図7 DIPS-11/45 LSI搭載ボード

DIPS-11/5シリーズの主要諸元

表1 DIPS-11/5シリーズの主要諸元

 DIPS-11/10シリーズの後継機として、分散処理方式の実現、超LSI導入による技術先導性の確保と競争力の強化において1977年より11/5シリーズの開発が電電公社(現NTT)研究所で開始された。具体的には、通信制御処理装置(CCP)の改善、ファイル制御処理装置(FCP)の新規開発、64キロビット/チップメモリ等の導入、中規模モデルの追加(モデル5)、およびDIPS-11モデル10、20、30の後継機として処理能力を向上させたモデル15、25、35の開発計画としてスタートした。さらに、約1年後には、DIPS超高性能機として、最上位機であるモデル45の開発が追加され、5モデルに展開し性能レンジを大幅に拡大することとなった。


 最下位モデルであるモデル5とFCPは、ハードウェアの共通化を図りFCPには、レベルごとのレジスタスタックやファームウェアによる専用命令、CPUとの高性能な結合機能などファイル処理向き機能の付加した開発が進められ、1979年12月にはモデル5およびFCPの試作機が同時に完成した。また、モデル15および35は1980年9月に試作を完了、モデル25は高性能論理LSIおよび高密度実装技術の全面採用により新規設計に計画を変更し1981年2月に試作機を完成した。


 DIPS-11モデル45は、2段バッファ制御方式の採用、主記憶容量の16メガバイトから128メガバイトへの拡大、サービスプロセッサの導入など先進技術による開発を進め、1982年3月には、世界最高性能レベルを実現する試作機を完成した。


 DIPS-11/5シリーズ用通信制御処理装置(CCP) として、7400系CCPの開発が進められ、7400CCPおよび7410CCPの2モデルが1980年までに完成した。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1979年
電電公社:世界最高性能レベルを達成したDIPS-11/5シリーズ開発

世の中の出来事

1979
国公立大学の共通1次試験が始まる。
1979
インベーダーゲームがブームとなる。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

電電公社、NTT、分散処理方式、超LSI、DIPS、メインフレーム、オペレーティングシステム
Page Top