1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号425)

2050/32, 2020/32に関する技術

日立クリエイティブワークステーション2050/32

写真1 日立クリエイティブワークステーション2050/32

日立パーソナルワークステーション2020/32

写真2 日立パーソナルワークステーション2020/32

2050/32,2020/32の仕様

表1 2050/32,2020/32の仕様

 日立クリエイティブワークステーション2050/32は,従来の端末装置と高機能パソコンの機能を統合し,今後のOAの中核となる創造的な業務分野にも適用できるワークステーションとして開発された.2050は16ビットマイクロコンピュータを採用したが2050/32では高速32ビットマイクロコンピュータ68020を,2050/32Eでは同じく68030を採用し,高速処理を行う.

 OSはUNIXをベースにマルチウィンドウ機能,日本語処理機能を加えたHI-UXを採用した.

 アイコンとコマンドメニューで命令を指示する分かりやすいマンマシンインタフェース,さらにディスプレイはフリッカーレス,反射防止処理(ノングレア処理),上方向15 チルト,下方向5 ,左右60 スウィーベル機構を有しエルゴノミクスに対応.

 日立パーソナルワークステーション2020/32は2020の後継モデルで,32ビットマイクロコンピュータ386を搭載.また,2020/32Eは386SXを搭載し,システム装置の設置面積を約50%削減したコンパクト設計.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1987年
日立:OA向け32ビットWS 2050/32
1988年
日立:OA向け32ビットWS 2050/32

世の中の出来事

1987
国鉄が分割民営化され、JRが発足する。
1987
利根川進がノーベル医学・生理学賞を受賞する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

16ビットマイクロコンピュータ、32ビットマイクロコンピュータ、32ビットマイクロプロセッサ、UNIX、日立、ワークステーション
Page Top