1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号423)

FACOM G-100シリーズに関する技術

FACOM G-140

写真1 FACOM G-140

FACOM G-150A

写真2 FACOM G-150A

FACOM G-150LTモデル10

写真3 FACOM G-150LTモデル10

FACOM G-100シリーズ主要モデル諸元

表1 FACOM G-100シリーズ主要モデル諸元

 富士通のビジネス用32ビットワークステーション.1987年5月に,情報の戦略的活用とオフィスワークの改善という課題に応える製品としてビジネスワークステーションFACOM G-100シリーズ3機種(FACOM G-140/150/150A)が発表された.このG-100シリーズは,以下の特徴を持つ.
(1) CPUとしてモトローラ社の高性能32ビットCPUを採用(G-140は16ビットのMC68010を使用)
(2) マルチユーザ・マルチジョブ機能の実現のためUNIX System Vをベースにした高性能OS「SX/G」を採用
(3) MMI(マンマシンインタフェース)を統一し操作性を向上
マルチウィンドウ/マルチプロセスを基本機能としてサポートしたSX/Gにより,この配下のソフトウェアは統一されたMMIのもとで容易な操作を実現
(4) 多機能ビジネス用パソコンFACOM 9450シリーズのEPOCファミリを強化したEPOC-Gファミリによりオフィス業務の効率化を実現
(5) ホストコンピュータ/オフィスコンピュータの端末機能や「システム統合アーキテクチャ」に基づいた密接な連携機能を提供
(6) ホストコンピュータのアプリケーションを本ワークステーションで分散開発する機能の提供によるアプリケーションのトータル生産性を向上
 その後,CPUの性能強化・内蔵ディスク容量拡大や装置の小型化を図ったモデルが提供された.その中で,特徴的なものに,軽量・小型化を図ったラップトップタイプのFACOM G-150LTがある.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1987年
富士通:ビジネス用32ビットWS FACOM Gシリーズ3機種

世の中の出来事

1987
国鉄が分割民営化され、JRが発足する。
1987
利根川進がノーベル医学・生理学賞を受賞する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

32ビットCPU、SX/G、ワークステーション、計算機ハードウェア、計算機ソフトウェア、オペレーティングシステム
Page Top