1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号419)

2050,2020に関する技術

日立クリエイティブワークステーション2050

図1 日立クリエイティブワークステーション2050

日立パーソナルワークステーション2020

図2 日立パーソナルワークステーション2020

日立パーソナルワークステーション2020 モデルL

図3 日立パーソナルワークステーション2020 モデルL

2050,2020の仕様

表1 2050,2020の仕様

 1985年9月,日立製作所はOAの中核となるワークステーションとして,日立クリエイティブワークステーション2050およびその普及型である日立パーソナルワークステーション2020を市場に投入した.

 2050は,従来の端末装置と高機能パソコンの機能を統合し,今後のOAの中核となる,創造的な業務分野にも適用できるワークステーションとして開発された.高速16ビットマイクロコンピュータ68010を採用し,大容量メモリ,MOS-LSI化による高信頼性,大容量,高速アクセスハードディスク,さらに高解像度ビットマップディスプレイと新開発のビットマッププロセッサ,数値演算プロセッサを搭載し,文字・図形・画像を高速処理できる.

 2050のソフトウェアはUNIXをベースにマルチウィンドウ機能,日本語処理機能を加えたHI-UXをOSとして開発,採用し,複数情報を参照しながらの並行処理を可能にした.また,画面上のアイコンとコマンドメニューをマウスで指示する分かりやすいマンマシンインタフェース,さらにディスプレイはフリッカーレス,反射防止処理(ノングレア処理),上方向15 チルト,下方向5 ,左右60 スウィーベル機構を有しエルゴノミクスに対応した.

 2020は,2050の普及型として開発された.高性能のマイクロコンピュータ80286を採用し,大容量メモリ,LSI化による高信頼性,大容量,高速アクセスハードディスク,さらに高速図形処理プロセサーを採用したハードウェアを持つ.

 また,MS-DOSを組み込み,マルチタスク機能を実現するOSであるHI-MOSにより,OAソフトによるパーソナル処理はもとより,強力なネットワーク機能を搭載する.

 さらに,ディスプレイはフリッカーレス,反射防止処理(ノングレア処理),上方向15 チルト,下方向5 ,左右60 スウィーベル機構を有しエルゴノミクスに対応する.

 2020モデルLはラップトップ型ワークステーションで,グラフィック画面サイズ,文字フォントは2020と同一,操作性を含めて2020との互換性を保持する.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1985年
日立:OA向けWS 2050, 2020

世の中の出来事

1985
つくば市で科学万博が開幕する。
1985
電電公社が民営化され、NTTが発足する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

ワークステーション、16ビットマイクロコンピュータ68010、MS-DOS、HI-MOS、16ビットマイクロプロセッサ、UNIX、日立、ワークステーション
Page Top