1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号418)

if1000 UNITOPIAに関する技術

if1000 UNITOPIAモデル10

図1 if1000 UNITOPIAモデル10

if1000 UNITOPIAモデル20

図2 if1000 UNITOPIAモデル20

if1000 UNITOPIAモデル諸元

表1 if1000 UNITOPIAモデル諸元

 ソフトウェア開発用UNIXワークステーションとして,1985年に32ビットアーキテクチャを持つ16ビットマイクロプロセッサを採用したif1000 UNITOPIA 10が発表された.If1000 UNITOPIAはOSにAT&T社のSystemIIIをベースに,SystemVの機能を先取りし,バークレイ版の機能などを強化したユニソフト社UNIPLUS+版を搭載したものであった.その後,1987年5月に上位モデルとして32ビットマイクロプロセッサを採用したif1000 UNITOPIA 20を発表した.

 また,if1000 UNITOPIAは,端末として沖電気のパーソナルコンピュータif800を接続し,当時デファクトとなるウィンドウ製品がなかったため,if800と同じSuper Viewを採用した.さらに,このころに人工知能(AI)が注目されており,if1000 UNITOPIAでも,AIツールとして,人工知能用言語LISP,PROLOGやルールベースのAIシステム開発ツール「ルールランナー」等を搭載した.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1985年
沖電気:UNIX搭載32ビットWS if1000 UNITOPIA

世の中の出来事

1985
つくば市で科学万博が開幕する。
1985
電電公社が民営化され、NTTが発足する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

SystemIII、SystemV、UNIPLUS+、ルールランナー、ワークステーション、オペレーティングシステム、人工知能と知識処理
Page Top