1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号417)

FACOMαに関する技術

Lispマシン "α(Alpha)" FACOM αのプロトタイプ

図1 Lispマシン "α(Alpha)" FACOM αのプロトタイプ

FACOM α Lispマシン"α"の商用化マシン

図2 FACOM α Lispマシン"α"の商用化マシン

 富士通のLisp言語高速処理用専用コンピュータである.1980年代の前半は人工知能の研究開発が世界的に活性化した.1982年に同社研究所(富士通研究所)により人工知能研究のシンボルとしてLisp言語の高速処理用専用コンピュータ"α(Alpha)"が開発された.その後,1985年にFACOM αとして商品化された(1984年7月発表).

 当時Lisp言語の専用処理装置はスタンドアローン型が多かったが,FACOM αは高性能化に重点をおいて,ミニコンや汎用機に接続可能なアタッチ型(バックエンド型)の構成をとった.本機は以下の特徴を有した.

(1)Lisp処理を行うCPU,主記憶 4~8MBおよびマイクロプログラムロードや診断を行うSVP(Service Processor)で構成
(2)ホストコンピュータとは汎用チャネル(BMC;Block Multiplexor Channel)で接続, そのためのアダプタをFACOM αに搭載
(3)FACOM αには,以下の機能を搭載
 ・インタープリタ,コンパイラ,標準関数,ガーベジコレクタ等のLisp言語処理
 ・ホストから送られたキャラクタ列をLispオブジェクトに変換したり,その逆を行う関数処理
 ・最大8ユーザの同時動作機能
(4)ハードウェアスタックの実装により高性能化(汎用マシンに比べ約6倍の性能を達成)

 FACOM αは,人工知能の研究だけでなく,製鉄所の高炉診断エキスパートシステム等の実用システムに使用された.しかしながら,FACOM αの出荷台数は約30台にとどまり,ビジネスとしては成功しなかった.汎用プロセッサの性能向上は著しく,開発に時間がかかる専用マシンの優位性は非常に小さく,FACOM αの後継機は開発されなかった.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1984年
富士通:Lispマシン FACOM α

世の中の出来事

1984
グリコ・森永事件が起こる。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

Lisp言語高速処理専用、人工知能研究、SVP(Service Processor)、人工知能と知識処理、計算機ハードウェア、計算機ソフトウェア
Page Top