1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号412)

HITAC L-700シリーズに関する技術

HITAC L-770

図1 HITAC L-770

HITAC L-700シリーズの仕様

表1 HITAC L-700シリーズの仕様

HITAC L-700シリーズの仕様

表2 HITAC L-700シリーズの仕様

HITAC L-700シリーズの仕様

表3 HITAC L-700シリーズの仕様

 オフィスプロセッサも従来の単なる業務合理化のための利用から,顧客情報管理や意思決定支援などの戦略的利用へと高度化してきた.このような市場ニーズに対応すべく,シリーズを一新したHITAC L-700シリーズ(1989年11月発表,1990年1~3月出荷)を製品化した.

 最上位機のHITAC L-780プロセッサグループでは,53万トランジスタBICMOS VLSI,HITAC L-750~770プロセッサグループでは,10万ゲートCMOS VLSIの採用をはじめ,大幅な機能強化を図った.また,HITAC L-750プロセッサグループ以上では新OS MIOS7/ASを採用.高度なイメージ認識技術と知識処理技術による知的帳票認識機能「BELIEVE」をサポート.読み込んだ帳票に様式・内容を認識し,その帳票に合った処理プログラムを自動作成できる機能である.さらに,自律分散「エバーラン」もサポートし,高信頼性も実現した.

 また,財務会計,給与計算,販売管理,生産管理を有機的に結合し,一貫したデータベース管理を可能にした統合アプリケーションパッケージ「統合業務システム」や戦略情報システム(SIS)構築を支援するパッケージをサポートした.

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1989年
日立:知的帳票認識機能を備えたHITAC L-700シリーズ

世の中の出来事

1989
昭和天皇が崩御する。
1989
消費税がスタートする。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

エバーラン、53万トランジスタBICMOS VLSI、BELIEVE、10万ゲートCMOS VLSI、知的帳票認識機能、自律分散、日立、オフィスコンピュータ
Page Top