1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号39)

ACOSシステム3300、3400、3600に関する技術

ACOSシステム3300

図1 ACOSシステム3300

ACOSシステム3400

図2 ACOSシステム3400

ACOSシステム3600

図3 ACOSシステム3600

ACOSシステム3600パッケージ

図4 ACOSシステム3600パッケージ

ACOSシステム3300、3400、3600の諸元

表1 ACOSシステム3300、3400、3600の諸元

 日本電気は1987年7月、ACOSシステム410の後継機としてコンパクトな小型汎用機ACOSシステム3300(以下S3300と表示)を発売した。S3300は、演算プロセッサ(EPU)に3万ゲート/チップのCMOSフルカスタムLSIを、またI/Oプロセッサや周辺制御プロセッサについてもCMOS VLSIを採用するなど全面的にCMOSを採用し、さらに主記憶装置は1メガビットDRAMチップのサーフェス・マウント両面実装SIM(Single Inline Module)による3次元実装の採用により小型化を実現した。

 中型機では、1988年7月にACOSシステム430の後継機としてACOSシステム3400(以下S3400と表示)を発売した。S3400は、5万ゲート/チップでゲートあたりの遅延時間が0.7ナノ秒という高速・超高集積度のCMOSカスタムVLSI、2万4千ゲート/チップでゲートあたりの遅延時間が1ナノ秒という高速・高集積度のCMOSゲートアレイなど最新のVLSI技術のほか、VLSIの表面実装、メモリの3次元実装などの高密度実装技術の採用により、CPU筐体(CPUと周辺処理装置内蔵)は設置面積が0.68㎡、高さ1.3メートルとコンパクト化され、価格性能比を向上した中型汎用コンピュータである。

 大型機では、1990年2月にACOSシステム610、630の後継機として、コンパクトで高性能なACOSシステム3600(以下S3600と表示)を発売した。S3600は、高速・低消費電力という特性を有するBiCMOS論理素子ならびに高集積、低消費電力という特性を有するCMOS論理素子を汎用大型機の演算処理装置としてはいずれも初めて採用したこと、4メガビットDRAMを汎用コンピュータの主記憶装置としては初めて搭載したことなどにより、中央処理装置の設置面積をS610、S630比で約半分に小型化、消費電力を約3分の1に削減し、かつ演算処理速度を2.3~3倍に向上させている。

 入出力処理装置の総合展総則度を最大で400メガバイト/秒に向上し、システム全体のスループットを向上させている。

 また、複数のホストコンピュータが、オンライン処理を行いながらそれぞれの待機系システムとなって故障時のバックアップ処理を行う「相互スタンバイ方式」の採用などにより高信頼のシステムを実現している。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1987年
日本電気:素子の3次元実装技術の採用によるコンパクトな小型汎用機ACOSシステム3300発表

世の中の出来事

1987
国鉄が分割民営化され、JRが発足する。
1987
利根川進がノーベル医学・生理学賞を受賞する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

日本電気、汎用機、CMOS、相互スタンバイ方式、BiCMOS、VLSI、メインフレーム、計算機ハードウェア
Page Top