1. HOME
  2. 化学関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号3873)

不斉自己触媒反応の発見とホモキラリティーの起源の研究

  • 硤合 憲三硤合 憲三
自然界において光学活性アミノ酸が作られる起源の解明を手がけ、自己を不斉合成し自己増殖する反応を発見した。また、不斉の起源として提唱されていた水晶や円偏光を不斉源として用い、キラル化合物を合成する手法を開発した。これらの成果は、ホモキラリティー成立の起源を解明する鍵を与えるものとして高く評価された。





 本研究の成果に対して、東レ科学振興会は、2017年、硤合 憲三(東京理科大学)に東レ科学技術賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

化学関連
(化学関連)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

データなし

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

不斉自己触媒反応、キラル化合物
Page Top