1. HOME
  2. 生命科学関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号3871)

哺乳動物生体リズムの分子機構に関する研究

  • 岡村 均岡村 均
約24時間周期の生体リズムを刻む哺乳動物の体内時計遺伝子について解析を進め、中枢時計が全身の生体リズムを制御する分子機構を明らかにするとともに、生体リズムが細胞増殖、血圧、時差といった生命活動を制御する分子機構を解明するなど、卓越した成果を上げた。


 本研究の成果に対して、東レ科学振興会は、2016年、岡村 均(京都大学)に東レ科学技術賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

仮カテゴリ
(仮サブカテゴリ)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

データなし

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

哺乳動物生体リズム、中枢時計、時計遺伝子、体内時計、SCN時間発振
Page Top