1. HOME
  2. 生命科学関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号3866)

生体の環境ストレス応答の分子機構の解明

  • 山本 雅之山本 雅之
長い間謎であった環境ストレスのセンサー分子Keap1とその指令に応答する転写因子Nrf2を発見し、両分子の相互作用の本質的なしくみと病気への関わりを解明した。開発したNrf2ノックアウトマウスは、「世界で最も利用されている日本発のバイオリソース」として知られており、医生物学・薬学・環境科学を繋げる学際研究の発展が今後も大いに期待される。


 本研究の成果に対して、東レ科学振興会は、2011年、山本 雅之(東北大学)に東レ科学技術賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

仮カテゴリ
(仮サブカテゴリ)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

データなし

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

環境ストレス応答、Nrf2ノックアウトマウス
Page Top