1. HOME
  2. 生命科学関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号3859)

イノシトールリン脂質による細胞骨格、運動制御

  • 竹縄 忠臣竹縄 忠臣
我々の体を構成する細胞の膜に存在するイノシトールリン脂質が,構造要素として働くだけでなく、細胞内で様々な蛋白質に結合して細胞の形態や移動を調節していることを示した。これはリン脂質の概念を変える独創的な発見で、生命科学全般に大きな影響を及ぼしている。





 本研究の成果に対して、東レ科学振興会は、2006年、竹縄 忠臣(東京大学)に東レ科学技術賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

仮カテゴリ
(仮サブカテゴリ)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2006
国際天文学連合総会で太陽系惑星数が8個と定義され、冥王星が除外される。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

イノシトールリン脂質代謝回転、ホスホリパーゼC
Page Top