1. HOME
  2. 生命科学関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号3841)

脂質を運ぶタンパク質、リポホリンの研究

  • 茅野 春雄茅野 春雄
1969年、昆虫の血液中にリポホリンを発見し、この蛋自がある脂質を特定の器官で積み込み、それを特定の器官で積み下ろすという、極めてユニークな機能をもつことを明らかにした。このような機能をもつ蛋白質は昆虫特有であり、動植物界を通じて、リポホリン以外は知られていない。



 本研究の成果に対して、東レ科学振興会は、1992年、茅野 春雄(北海道大学)に東レ科学技術賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

仮カテゴリ
(仮サブカテゴリ)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1992
山形新幹線が開業する。
1992
ボスニア・ヘルツェゴビナが内戦状態となる。(ユーゴスラビア)

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

リポホリン、昆虫生化学機構、脂質代謝、ホルモン代謝、脂質運搬機構
Page Top